空き家の活用相談の有効活用例

空き家の活用相談

「空き家」とは、住宅など建物その他の工作物で、常時人が使用しない状態にあるものをいいます。近年少子高齢化などで社会問題となっており、入院やリハビリ、転勤で急に家を空けることになったり、相続で取得したが活用方法が分からない。もしくは、取り決まらずそのまま放置状態などがあげられています。

「なぜ、問題となるか?」

役所に苦情・相談・要望として寄せられている事例は、「家屋が壊れて飛散し危険だ、被害をうけた」、「屋根から雪が落ちてきて危険だ、被害を受けた」、「虫の発生、雑草の繁茂等により環境を悪くしている」、「野良動物のすみかとなっていて種々の被害がおきている」など、人の生命や財産に危害を及ぼす状況になっており、様々なかたちで私たちの生活に影響がでています。

「持ち主の責任は?」

建物などが壊れたり、建物からものが飛散・落下するなどして、他人に損害を与えた場合は、空き家や空き地の所有者等がその責任を負わなければなりません。被害を受けた方から損害賠償などの管理責任を問われることもあります。

「有効活用手段」

空き家の管理を業者にお願いしたり、最近では、リノベーションして貸店舗、または貸家やシェアハウスのオーナーになって家賃収入を得る活用方法もあります。

空き家の専門家はこちら

今すぐ専門家を探す

土地活用に強い専門家をPICK UP!!

土地活用に強い専門家を「土地有効活用相談ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! はんこ オフィス環境ととのえーる 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 Q&A QRコード