土地の有効活用

自己所有の遊休地や使用頻度が低い土地を、経済的な利益を考えて現状よりも有効に活用することをいいます。

土地(資産として1番重要といえる土地)を有効活用することで、節税面、収入面で効果が期待できます。購入したり、相続した土地がほったらかしになっていたり、遊休地になっていると、毎年固定資産税がかかるばかりでもったいないことです。所有する土地が遊休地ですと相続税の額にも影響してきます。

賃貸マンションやアパートを作り運営すると、自分の所有している土地(自用地)の評価ではなく貸家建付地としてみなされます。一般的に貸家建付地は、建物を他人に貸しており所有者が自由に土地を処分しにくい等の理由で、通常の更地などと比べて約20%土地評価額が下がり、相続時に税金が安くなるため、結果として節税効果が得られます。相続の生前準備の一環としても、土地の有効活用は重要です。

またマンションやアパートなどの賃貸物件や駐車場を作ると、定期的に安定した収入が入ってくるので、老後の生活費に充てるといったこともできます。 空いている土地を丸々使うのではなく、住宅の1区画や狭い土地・変形地を有効活用する方法もあります。

今すぐ専門家を探す

土地活用に強い専門家をPICK UP!!

土地活用に強い専門家を「土地有効活用相談ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! はんこ オフィス環境ととのえーる 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 Q&A QRコード 空き家・空き地の事なら【空き家活用.net(空き家活用ねっと)】