有効活用例

○土地売却

土地を所有しているだけで発生する固定資産税や都市計画税、将来的には相続税といった負担がありますが、土地を売却することで税金負担が少なくなります。 また、土地売却によって得られた収入により、将来相続が発生した場合の納税資金を確保することができます。

○マンション・アパート・ビル経営

家賃収入が年金や保険といった将来の収入源として活用できます。 テナントビルやオフィスビルの経営はアパート・マンションと同様、土地に建物を建てて賃貸しますが、対象は企業や店舗です。一般的に、オフィスビルのほうがアパート・マンションより建造コストは高くなります。その分アパート・マンションと比べ、受け取る賃料は高くなります。 工場やテナントビルと比べると、オフィスビルは周辺環境の影響も少ないので、立地の制約は緩和されるため、有効な土地活用方法といえます。 不動産・アパート・マンションなどで空室管理にリスクを感じる場合は、立地条件にもよってウィークリー(マンスリー)マンションとして貸し出す方法も有効です。

○等価交換

土地所有者が土地を提供し、建築会社が建築資金と建物の施行を担当して、土地と建物を等しい価値で交換(区分所有)することを等価交換といいます。 等価交換では土地に建物を建てた上で売却します。そのため、土地所有者は土地の一部を提供するだけで建物を取得することができます。 借入金など莫大な資金が必要ないため、土地活用であまり費用をかけたくない場合に適しています。

○駐車場経営

初期投資を抑えたい場合に最適です。 駐車場経営なら、整地費用程度の少ない設備投資で土地を有効に活用でき、違法駐車削減といった社会貢献にもつながります。また、月極で契約することで安定した収入を見込めます。アパート・マンション同様に土地の周辺状況よって空車のリスクがある場合は、コインパーキングとして活用する方法もあり、比較的 土地所有者の負担が少ない活用方法だと言えます。

○トランクルーム運営

屋外型のトランクルームなどはコンテナなどを置くだけなので、初期投資が比較的少なくて済みますがメンテナンスは必要になるため、その分のコストは見込んでおくことが大切です。都心・郊外に限らず、屋内型の方が環境やセキュリティーの面において比較的高い利用料で使用されるケースが多いようです。
現在では、トランクルームを運営する業者がすでに多く存在するため、土地活用の為にトランクルーム運営業者に管理・運営を委託する事も有効な土地活用手段と言えます。

今すぐ専門家を探す

土地活用に強い専門家をPICK UP!!

土地活用に強い専門家を「土地有効活用相談ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! はんこ オフィス環境ととのえーる 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 Q&A QRコード